ナチュラルドッグフードでアレルギーになった?危険度を総チェック!

ナチュラルドッグフードは動物愛護の国「イギリス」の最高級ドッグフードです。

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした安心の施設で製造され、その信頼性は欧州でもトップクラス。

そのナチュラルドッグフードを「アレルギーに掛かっているワンちゃんが食べて大丈夫なのでしょうか?」

大切な愛犬の食事は万が一が有っても大変です。

事前に良く調べておく必要がありますよね。

ナチュラルドッグフードでアレルギー対策は万全?

アレルギーになりやすい食物は以下の通りです。

  • 牛肉/豚肉
  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 大豆

市販の安価なドッグフードには、小麦やトウモロコシなど安価で手に入る原材料が中心だったりします。

ナチュラルドッグフードにこれら食材は含まれているのでしょうか?

ナチュラルドッグフードは最もアレルギーになり難いラム肉ベース

ラム肉ナチュラルドッグフードはアレルギーになりやすい食材は一切含まれておりません。

主原料は「最もアレルギーを引き起こしにくいラム肉」です。

牛肉や豚肉はもちろん含まれておらず、小麦やトウモロコシも含まれません。

消化を助け、利用のバランスを保つために一部の国本は含まれますが、アレルギーの発症が少ない「大麦・玄米・オーツ麦」を使用しています。

 

市販のドッグフードは更に危険な食材が利用されています

市販のドッグフードは安価で量の多い製品が求められます。

おおよそナチュラルドッグフードの値段で10倍から20倍の量の安価なフードが買えてしまうほどです。

多頭飼いや大型犬で消費量が多い場合は、どうしても安価で大量のフードが求められるので、そのような要望に沿った製品は粗悪にならざるを得ません。

ほとんどの安価なドッグフードは肉類が少なく、小麦やトウモロコシ、そして穀物の副産物(人間用に加工した残りカスの粉末)を主原料にしています。

また、肉類もどんな家畜の肉かわからない非常に品質の劣るものが使用されているのです。

特に、人間用に肉を取り除いた廃棄用の「頭・骨・羽・爪・内臓」などの部位。

または死んだ家畜や病気の家畜を使用していたりします。

そのため原材料の表示は「肉副産物」「肉類」など曖昧な記述になっています。

アレルギーはもとより、長期の摂取で、内装疾患や骨の病気などを引き起こす事例もあります。

ナチュラルドッグフードは100%無添加

ナチュラルドッグフードは完全無添加にこだわって作られたプレミアムフードです。

そのため人間が食べられる食材のみを使っています。

素材以外に添加剤・着色料・香料など人工的なものも含みません。

素材が最高級のため添加剤で補う必要が全く無いのです。

 

アランズナチュラルドッグフードの原材料と成分に疑問を持つ口コミ

アランズナチュラルドッグフードは超高品質で安心して愛犬に与えられるドッグフードとして世界でも人気の高いドッグフードです。

そんなナチュラルドッグフードの日本国内での評価口コミって気になりますよね。

愛犬家は特にドッグフードの原材料や成分に目を向けている本格的な方もいらっしゃいます。

そこで、今回はナチュラルドッグフードの原材料や成分の口コミを詳しく解説して行来ます。

ナチュラルドッグフードの原材料や成分に関する口コミ

6歳のラブラドールレトリバーが愛犬です。
以前に与えていたドッグフードはトウモロコシが主原料だったので、犬が苦手な穀物だと知って、我が子に与えるのはナチュラルドッグフードだと思い、切り替えを進めました。

しかし購入して気がついたのですが、ナチュラルドッグフードにも穀物が入っていることが分かりました。
残念ですが、以前のドッグフードと同じなので、与えずに捨ててしまいました。
もったいないことをしました。

おっしゃるように、穀物は犬が苦手な消化しにくい原材料です。

しかし、ナチュラルドッグフードに使用されている穀物は

  • 玄米
  • 全粒オーツ麦
  • 全粒大麦

これらの消化がしやすく、さらに消化を助ける役割を果たす種類の穀物なのです。

つまり腸内を整えるためにあえて含めてある原材料、しかもアレルギーになり難い素材なのです。

アレルギーを誘発する危険な穀物とは

犬が消化が苦手、しかもアレルギーを誘発する危険な原材料は以下の3つが挙げられます。

  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 大豆

これらは、犬にとっては消化を助けるわけでは無く、安価なドッグフードの「かさまし」にしか利用されていません。

安価なドッグフードは10kgで1500円などプレミアムフードとは比較にならない安価です。

そのため、ほぼ原料は限りなくゼロに近い仕入れ金額の材料で作るしかありません。
ゆえに家畜の飼料などで使用される穀物を流用しているのです。

ナチュラルドッグフードの成分について

ナチュラルドッグフードのカロリーは一般のドッグフードと比較して若干ヘルシー志向で、低め(339kcal)になります。
平均的なドッグフードのカロリーは100gあたり350~380kcal程度です。

さらに主原料の「ラム肉」は身体を活性化するカルニチンが多く含まれる特徴があります。

また食生活を整える不飽和脂肪酸が豊富。
なので生活習慣対策にも効果的なのです。

ナチュラルドッグフードはラム肉のほかに玄米、全粒オーツ麦、ハーブ・野菜、全粒大麦、テンサイ、アマニ、ビール酵母をブレンドすることで、成分のバランスを最適に保っています。

酸化防止剤は天然のハーブが受け持つ

ナチュラルドッグフードは全て天然の素材を徹底するため、酸化防止剤・保存料を吹き診ません。

代わりに天然のハーブを利用しています。人工的な酸化防止剤や保存料に比べ安全・安心はもとより、自然の作用でフードの新鮮さをキープするのです。

ナチュラルドッグフードの給餌量に注意

ナチュラルドッグフードのカロリーは339kcalと若干低めです。

そのため多少多めに与えた方が良いのか?

と、思われるでしょう。

しかしその逆なのです。
メインとなるラム肉は、他の肉とは比較にならないほど消化吸収に優れています。

そのため、市販のドッグフードの半分から2/3程度の給餌量で済むのです。

公式サイトの給餌量は以下の表になります。

与え過ぎに十分注意してください。

うっかり以前のフードの感覚で与えてしまうと肥満に繋がってしまいます。

ナチュラルドッグフードにはおやつもある!

チキン&ターキートリーツ ナチュラルドッグフード口コミ何でナチュラルドッグフードにおやつ?があるのでしょうか。

ドッグフードは完全バランスで作られているので、あえておやつを与える必要はありません。

しかし、愛犬のしつけやご褒美にどうしてもおやつが必要になる方もいらっしゃいます。

その際に、せっかくナチュラルなドッグフードを与えていても、おやつが粗悪で添加剤だらけであると、せっかくの良質な食事が台無しです。

なので、ナチュラルドッグフードを与えていて、どうしてもおやつが必要になりましたら、このおやつをフードのオーダーの際に追加すると良いでしょう。

同時に注文すれば、独立した送料も掛かりません。

フードと合わせて1万円以上になれば、送料や代引き手数料が無料になって、お得になります。

なお、おやつを与える際は、必ずその分のカロリーを1日分に合わせるため、フードの給餌量を減らす必要があります。

肥満気味のワンちゃんの場合は、それを忘れないようにご注意してください。

 

 

 

 

 

 

ナチュラルドッグフードはダイエットに失敗するの?その原因と対策は?

ナチュラルドッグフードは低カロリーなので、ダイエット向きのドッグフードです。

平均的なドッグフードの100g当たりのカロリーは、350~380程度です。

それに対してナチュラルドッグフードは100g当たりのカロリーは339kcal。

平均値をかなり下回っているので、ダイエットに最適です。

しかし、「ナチュラルドッグフードを与えてもダイエットに失敗する」

そんな方が意外と多いようなので、今回はナチュラルドッグフードのダイエット失敗に対する原因と対策を探ってゆきましょう。

肥満気味の愛犬がいらっしゃれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

ナチュラルドッグフードでダイエットに失敗する原因

悪評ナチュラルドッグフードの特長は「生ラム肉55%を含有する効果」です。

ラム肉は他の肉類と比較して圧倒的に低脂肪なのです。

しかし、どうしてナチュラルドッグフードでダイエットに失敗するのでしょうか?

理由は単純!

食べすぎるからなのです。

ナチュラルドッグフードは低カロリーですが、消化吸収が非常に高く、指定の給餌量が一般のドッグフードの半分から2/3程度なのです。

そのため、今までのフードと同じだけ与えていたら、太ってしまって当然なのです。

正しい給餌量であればダイエットも!

大切なことは適正な給餌量を守ることなのです。

しかし、適正な給餌量とは?

以下の表が適正給餌量になります。

給餌量の表

こちらはナチュラルドッグフードの公式ホームページの給餌量です。

体重によって与える量が異なっており、体調や体型によって給与量の表の範囲で調整します。

太っていれば範囲の下限、
痩せていれば範囲の条件

これを目安に1日に2~3回に分けて与えます。

ダイエットは短期で解決するものではありません。

約半年ほどゆっくり時間を掛けて取り組んでください。

 

肥満の原因はおやつにも!

肥満の原因の1つにおやつがあります。

おやつにも脂質やカロリーがあるのです。

そのため、いくら指定の給餌量を守っていても、おやつを余分に与えたらカロリーオーバーです。

そのため、愛犬がおやつをねだっても与えないように、
また、おやつを与えるような環境を改善しましょう。

もし、しつけの意味でどうしてもおやつが必要な場合は、その分の通常のドッグフードを減らすようにしてください。

 

ナチュラルドッグフードのダイエットに関するまとめ

愛犬が美味しそうに食べている姿は、愛犬家の楽しみの1つだと思います。

しかし、ドッグフードの与え過ぎは禁物です。

なにより愛犬の健康を害してしまうことに繋がります。

愛犬が健康で長生きできるよう、ナチュラルドッグフードの給餌量はしっかり守るように気をつけましょう。

愛犬の健康はあなたの行動にかかっています。

ナチュラルドッグフードのお試しはダメ!原材料と添加剤は安心できる?

動物愛護の国「イギリス」製のドッグフードといえば「アランズナチュラルドッグフード」。

通称「ナチュラルドッグフード」。

人によっては「アランズ」と呼んだりして愛着もあるようです。

そんなナチュラルドッグフードは「FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)」が定める厳しい基準をクリアーして工場で、徹底した品質管理をされて製造されているのです。

主原料はアレルギーに最もなり難いとされている「ラム肉」。

これを55%も使用しているのです。

また、

  • 人工添加物
  • 保存料、酸化防止剤
  • 香料
  • 着色料

これらの添加剤は一切不使用なのです。

そのため、ナチュラルドッグフードは、愛犬の健康を第一に考えているなら、試してみる価値は必ずあります

ナチュラルドッグフードの原材料をチェック!

ナチュラルドッグフードは厳選された自然の原材料のみしか使用していない100%天然素材のドッグフードです。

原材料は以下の8点のみという極めて少ない種類の原材料で構成されています。


ナチュラルドッグフードの原材料

生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母


ご覧の通り、肉副産物(破棄する部分や死んだ家畜の肉など)は一切含まず、人工的な添加物もありません。

ラム肉

特に主原料となるラム肉は以下の素晴らしい素材なのです。

  • 高たんぱく・低カロリー
  • オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸を多く含み、アレルギーを抑える
  • 皮ふを健康に保ち、綺麗な毛並みを作る
  • 涙やけも改善する
  • 身体を温める効果があり、太りにくい
  • 内臓機能や代謝機能が活発になることでダイエット効果がある
  • 血中コレステロールを分解するのでダイエットに最適

このように、ナチュラルドッグフフードはあなたの愛犬のためにあるかの如く作られています。

そのためお試しはしてみる価値が大いにあるのです。

 

ナチュラルドッグフードのお試しは

ナチュラルドッグフードには継続的な購入の

定期コース

単発の購入の

通常購入

この2つのコースがあります。

お試しは愛犬に合うのか試してみる行為のため、通常コースがお勧めです。

まずは、通常コースで試して、問題が無かったならば、安くて一度注文すると自動的に送られてくる「定期コース」へ切り替えるのが最も良い方法になります。

ナチュラルドッグフードのお試しのまとめ

説明の通り、ナチュラルドッグフードは試してみる価値は十分です。

もし愛犬に合わなかったら、1回の注文だけで終了すれば全く問題ありません。

ぜひ、この機会に、ナチュラルドッグフードをお求めになっては如何でしょうか。

美味しそうに食べる愛犬の姿を思い描いてください。

アランズナチュラルドッグフード ラムの悪評はなぜあるのですか?

アランズナチュラルドッグフード ラム

アランズナチュラルドッグフード ラムは、動物愛護の国「イギリス」で生産される超プレミアムドッグフード。

そんなプレミアムドッグフードのナチュラルドッグフード ラムに若干ではありますが、悪評がある事実が判明しました。

誠に残念なことです。しかし、このまま残念がっていても仕方がありません。

詳しく調査して、

どのような悪評なのか?
解決策はあるのか?

詳しく確認して行きましょう。

アランズナチュラルドッグフードラムの悪評


賞味期限が短すぎて不便です。直ぐに傷んでしまって、これでは使い物にならないです。買わなきゃよかった。

我が家の愛犬(トイプードル4歳)は見向きもしません。何かおかしいです。本当に食いつきバツグンなのでしょうか?

与えて翌日に下痢しました。最悪です。返品できない物でしょうか。

悪評の原因は何だったのでしょうか?

賞味期限が短い?

アランズナチュラルドッグフードは100%天然素材のみで作られていますので、人工保存料は一切使用していません。

つまり保存料が入っていないのです。

その情報のみで「ナチュラルドッグフードは直ぐに悪くなってしまう

と勘違いしてしまっているのかと思われます。

しかし、ナチュラルドッグフードには保存料の代わりをする天然ハーブが配合されています。

このハーブが人工的な合成保存料と同等以上の働きをします。

未開封賞味期限 開封後賞味期限
一般的な市販ドッグフード 平均約16か月 1か月
アランズナチュラルドッグフード 18カ月 3か月

如何でしょうか?

平均的なドッグフードより若干長い賞味期限となっています。

また、アランズナチュラルドッグフードは、丈夫なビニールパッケージに入っていて、その開封口は強力なジッパーが備わっているので、実にしっかり密閉が出来るのです。

つまり全く心配する必要はありません。

賞味期限は一般のドッグフードと同じと考えて良いのです。

食いつきが悪い

フードの切り替えを焦っていないでしょうか?

ナチュラルドッグフードはフードのパッケージに説明がある通り、約5日間掛けて、少しずつ今までのフードへ混ぜてゆく方法が解説されています。

なぜかと言いますと、急にフードを変えると、今までと匂いが違って、美味しい食べ物だと認識できなくなってしまうのです。

そのため、公式サイトの通り、今までのフードに混ぜて、少しずつ愛犬にフードの匂い、味などに慣れるようにじっくり時間を掛けてください。

下痢してしまう

下痢の原因の1つに早食いがあります。

特にナチュラルドッグフードは美味しいので、ガッついて噛まずに食べると、胃が上手く消化できずに下痢を起こしてしまうのです。

そのためゆっくり消化するように「早食い防止皿」をお勧めします。

この皿は餌を入れる部分に突起があって、一度にたくさん食べられないようになっています。

少しずつ食べることで、良く噛んで消化に優しくなります。

続いて良かった口コミ(評判)も確認しておきましょう。

 

ナチュラルドッグフードの良い口コミ(評判)


3歳のトイプードルです。どのフードを与えても中々食べてくれなかったんのですが、このナチュラルドッグフードだけは最初から完食です。もう、他のフードは与えられません。

アレルギー皮膚炎で苦しんでいたうちの子ですが、3カ月ほどこのフードを与えていたら、ほとんど赤みが消えました。病院に行っても治らなかったので、もう感謝感激です。病院の治療費を返せって感じですよね。

家のコーギーはちょっとおデブちゃん。なので低カロリーであるナチュラルドッグフードに切り替えました。少しずつですが、体重が減ってきました。ラム肉が肥満に良いって本当なんですね。

 

良い口コミの傾向はこのような感じでした。

  • 食いつきが非常に良い
  • 涙やけやアレルギーや涙掛けが良くなる
  • カロリーが控えめなので肥満体質に良い
  • 添加物が無いので健康的

ここまで良い口コミが多いドッグフードも珍しいのではないでしょうか。

もし、あなたも愛犬の健康に興味があれば、このフードを試してみると良いかと思います。

さらに詳しい口コミ情報が必要なら
アランズナチュラルドッグフード ラムの口コミサイト

を確認すると、更に詳しいナチュラルドッグフードの口コミ情報が分かります。

悪評